Menu

母の日のプレゼントに プリザーブドフラワーを贈る

母の日のプレゼントに【お花】というのがやはり一番無難方法ではないでしょうか。最近では、母の日のプレゼントに【プリザーブドフラワー】を贈るという人たちもとても多いと言います。

母の日のプレゼントにプリザーブドフラワーを

まだまだ、実際にプリザーブドフラワーが何かわからないという人たちも多いのかもしれないですよね。

母の日のプレゼントに、プリザーブドフラワーってまさに適格アイテムなのかもしれません。

お花って枯れてしまうから美しいということができます。しかし、そうはいうものの、枯れてしまうとちょっと寂しいですよね。

それが美学というのかもしれません。人間は、美しいものを見たいという欲求の中に矛盾を孕み、矛盾を解決する方法が、プリザーブドフラワーということになるのではないでしょうか。

プリザーブドフラワーとは、長期保存することができるお花です。しかし、プリザーブドフラワーは、ドライフラワーのような乾燥してしまったお花ではありません。

プリザーブドフラワーとは

昔なら、長期保存出来るお花といえばドライフラワーということになります。ドライフラワーは、生花を麻紐で縛って、日陰で風通しの良いところに吊し作るお花です。

ドライフラワーは、生花から水分を抜いて作るため、やはり乾燥したお花の域から超えるものではありません。

ある意味、カサカサのお花なんて美しくないのかもしれないですよね。それでも永遠に持ってくれるのは有難いことなのかもしれませんが。

ただし、ドライフラワーは色落ちしてしまうため、生花程度の鮮やかさはないのかもしれません。

一方でプリザーブドフラワーは、生花から水分を抜き、グリセリンが含まれている特殊な液体を浸して作る、特別なお花です。

ドライフラワーと比較して、相当な技術と手間がかかっているともいうことができます。

そして母の日のプレゼントとしてふさわしいプリザーブドフラワーは、ドライフラワーと比較しても、手作り感に近いうれしさがあります。

見た目は、ほとんど生花であり、生花と間違えてしまう人たちもいるでしょう。

しかし、色合いは生花以上であり、生花よりも美しいお花と言ってもいいかもしれません。

いかがでしょうか。プリザーブドフラワーって、お花のいいとこどりしたようなお花であり、正しく保存をすれば数年間美しさを保たせることができます。

もちろん、プリザーブドフラワーは、母の日のプレゼントに最適のアイテムです。