Menu

振袖の柄

振袖は未婚の女性にとって最も格式の高い着物である第一礼装で、振袖の「振る袖」という名前の通り袖が長く作られているのが特徴です。一般的には、成人式に着ることが多いですがそれ以外にも結婚式や披露宴などに着ることもよくあります。振袖の柄の種類は大きく「古典柄」「新古典柄」「モダン柄」の3パターンに分類することができます。どの柄も特徴があり素敵ですが、自分に似合うに合わないがありますので、好みかどうかと同じく、購入やレンタルなどで選ぶ場合に参考にしてもよいでしょう。

「古典柄」は着物の伝統に則った柄行きで、梅や桜あるいは鳥や扇などがありますし打ち出の小槌などもあります。また吉祥文様などの模様が多く、着物の全体に柄をあしらってあるのが特徴的です。吉祥文様とは、お祝いの席で好まれる縁起のよい模様で、日本由来と中国由来があります。日本由来では鶴や亀、松竹梅などがあり、中国由来ですと宝尽くしや龍など福に結び付く模様が多いです。また古典柄は流行に左右されることがありませんので、長く世代を超えて母から娘へと着ていくこともできます。それぞれの柄や模様には意味が込められていますので、そうした意味も知ったうえで選ぶというのも迷った場合にはひとつの方法でしょう。

「新古典柄」は古典柄がベースになっていますが、古典柄が全体に模様が入っているのとは違い、部分的に模様が入っているのが特徴です。袖や裾の一部にさりげなく柄が入っていますので、粋な感じを与えます。グラデーション柄も多いですし、全体の印象としてはすっきりとした感じを与えてくれます。模様が前面に出ることがない分、大人っぽい感じに品よく着ることもできます。古典柄とは違い新しいイメージも持ち合わせていますので小物などでいっそう変化をつけることも可能です。

「モダン柄」は古典柄や新古典柄とは大きく違って、その時々の流行を意識した柄行きになっています。非常にさまざまな模様になっており、特に決まりはないので自由に楽しむことができます。花や鳥などと言った一般的な模様ではなく、あまり着物で取り入れることの無いような柄にすることも多いです。その時々の流行を追うため何年も引き継いで着ていくということはできませんが、一回きりの成人式の振袖としてインパクトを与えるという点では楽しい着物といえます。それぞれの着物の柄の特徴を改めて考えて着てみるとまた違った楽しみ方ができます。