Menu

振袖とは

振袖とは振りとよばれる長い袖の袂と、その袂の身頃側が縫い付けられておらず、開口部の振八つ口が特徴になっている着物です。振袖は成人式や結婚式などで着用される未婚女性の第一礼装なのです。この振袖は、花嫁の婚礼衣装の定番として現代でも結婚式でお色直しの衣装としても着用されています。この着物は袖の長さによって大振袖と中振袖、小振袖の3つの種類に分けられています。そして、どの振袖も慶事に着用されますが、それぞれに着用する場面があります。この着物は袖が長くなるほど格が高くなるともいわれており、現代の未婚女性の正装や盛装とされている華やかな美しさもなる素敵な着物なのです。
では着物と振袖の違いは何なのでしょうか。この点については、振袖は着物の一種になりますので、着物の方がより広いカテゴリーといえます。大振袖は結婚式のお色直しとして用いられ、中振袖は成人式の晴れ着や結納式などの改まったシーンで着用される華やかさのある振袖です。小振袖は卒業式の袴などと合わせて着用されたりしており、パーティーや観劇などの華やかなシーンにおいてより身軽に動きたいときなどに着用されているのです。
振袖は最も格の高い礼服と考えられており、普通の着物よりも袖が長く、未婚の女性の実が身につけられると決められています。振袖が未婚女性の着物とされたのは未婚女性が異性に想いを伝える時に、踊り子たちが袖を振って愛情を表したのを真似たということに由来するといわれています。そして、袖を振る仕草は厄祓いという意味もあって、結婚式や成人式で振袖を着用することで身を清めるという意味合もあるのだと伝えられています。振袖は身に付ける季節や年齡に決まりがあり、違いを理解して身に付けるようにすることが大切なのです。どの年齢の人も着用することができる浴衣ともこの点で違っています。
昨今は伝統的な模様ではなくて現代風にアレンジされたデザインのモダンな模様の振袖もよくみられるようになりました。いろんなデザインの振袖が登場しており、とても素敵な振袖がたくさんあります。このような袖丈が長くて華やかな着物は日本の女性にとても似合います。この振袖は年齢制限はありませんが若い人が着用するという印象が強くあり、20代までの女性が着用するなどのイメージがある着物です。振袖はフォーマルな着物で、年齢によって違いがあります。TPOを守った着方が大切ということなのです。

振袖のレンタルならまるやま・京彩グループへお問合せください。