Menu

ダイヤモンドの三大ブランドとは

ダイヤモンドDiamondには、世界三大カッターズブランドというものが存在しています。ダイヤモンド買取の時も価値を高めてしまっているのは、確固たるブランド価値が存在しているからです。 ダイヤモンド買取業者も、ロイヤルアッシャー、ラザール・ダイヤモンド、モニッケンダムと言ったブランドのダイヤモンドを買取したいと思っています。

ロイヤルアッシャー

ダイヤモンドに関心を持っていらっしゃる方々なら、ロイヤルアッシャーの名前も一度程度聞いたことがあるのかもしれないですよね。 ロイヤルアッシャーは、ジョセフ・アイザック・アッシャーが創業したブランドです。現在の社長は、エドワード・アッシャー(2018年10月現在)です。 オランダ、イギリス、アメリカ、中国、日本(銀座・福岡天神店)と言った場所には、ロイヤルアッシャーのブランドショップがあります。 ロイヤルアッシャーは、 世界で唯一「ロイヤル」の称号を授けられたダイヤモンドジュエラーとして、多くの人たちに評価されています。 トリリアントカット、アッシャーカット(スクエアエメラルドカット)などをジュエリー界に広めたのも、 ロイヤルアッシャーの偉業です。 ロイヤルアッシャーのブランド力は未だ衰えることはありません。

ラザール・ダイヤモンド

ラザール・ダイヤモンドは、1903年にラザール・キャプランによって創業されました。 レオン・テンペルスマン(2018年10月現在)が現在のCEOです。 アメリカ、カナダ、中国、シンガポール、日本などにプティックを構えています。 ラザール・ダイヤモンドは由緒正しい老舗ダイヤモンドブランドという感じでしょうか。遊び心を活かした画期的なデザインでも注目されています。

モニッケンダムとは

モニッケンダムとは、1890年によってルイ・モニッケンダムによって創業されました。ギャリー・モニッケンダム(2018年10月現在)が現在の社長です。 モニッケンダムは、ジュエリー製造とともに、他社ジュエラーたちに自社ダイヤモンドを提供するカッターズブランドとしても注目されるブランドです。 モニッケンダムのブランドを語るうえで欠かすことが出来ないのは、巧みなカット技術にあるといっていいでしょう。 キース・ボーエンが、0.00164カラット(1カラット約2g、約6.5mm)のダイヤモンドに58面体のフルカットを施す……という驚くべき偉業が注目されたこともあります。

ダイヤモンドの買取ならグリーバー